fc2ブログ

記事一覧

国際チャレンジ杯 IN 高知

松山から東京までは一時間半、黒潮町までは3時間半。
距離はともかく、時間的にも心理的にも東京よりも遠い高知県の黒潮町で開催される『国際チャレンジ杯』に参加するため、選手14名で遠征に行ってきました。

12月3日(土)早朝5時半出発、前日のスペイン戦を観戦した子供も多くて二日連続の早起きですがテンションはかなり高めです。
まだ真っ暗の高速道路をいざ高知県へ!
遠出をすると四国の道路環境の良さがよく分かります。
予定時刻通りに試合会場に到着、人工芝の広いグラウンドです。

自分の荷物は後回し、チームの仕事を優先しよう。
テント、ベンチ、ボール・・・、手の空いた者は友達のバッグも運ぼうぜ。
ウォーミングアップもそこそこに早速試合に臨みます。

パワー全開のS谷君のトーキックシュートで先制、幸先の良いスタートです。
彼のスパイクはポイントが全くなくて人工芝のグラウンドはさながらスケートリンクの様相です。
ターンでの踏ん張りはほぼ効かず、両足をついたまま滑っていきます。
ダッシュでのずっこけも含め、残念な場面が続出です。

2試合目、3試合目は上手にパス回しをするチームに完敗。
整えられた環境で理想的な選手になるように教育された選手たちに必死に食らいついていく。
キレイなパスとサッカーの楽しさ、勝ちたい気持ち。
早起きしたエルピスSAの14名は何を感じたのでしょうか?
20221205063344879.jpg

子ども時代のスポーツ体験は理不尽さへの耐性を高めます。
オレはあんなに頑張ったのにあいつのせいで負けた、コーチの勘違いで怒られた、オレばっかり片付けをやらされる・・・。
団体行動では不平不満を自ら抑えなければなりません。
集合時間を守りなさい、食事は苦手なものがあっても残しません、ホテル内は走らない。
20221205063351a3c.jpg

2日目は6時ロビー集合、まだ暗い砂浜を散歩。
朝からテンション高めの2名が遠浅の12月の海に膝まで入りました、躊躇なく。
今から朝食だぜ、分かってるのかお前さんたち。

大会二日目はトーナメント戦、必勝の気持ちが空回りしてミスからの2失点で敗者戦へ回ります。
最終戦はキャプテンの執念のボール奪取で先制点、同点にされながらもまたまたキャプテンのスルーパスからの決勝点で見事勝利。
最初と最後をしっかりと締めました。
〇1-0 ソレアーダ高知
●0-4 大方フットボールクラブ
●0-8 バルサアカデミー葛飾
●0-2 愛媛ユナイテッドFC
〇2-1 清水JFC
20221205063412ee7.jpg

経験を積むことで対処の引き出しは増え、我慢も覚えます。
チームの仲間と二日間を共に過ごして楽しかったこと、しんどかったことがあったと思います。
今回の遠征で間違いなく仲間意識が高まり、チーム力は向上しました。

ご褒美アイスを食べて松山への帰途につきました。

(新沢)



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

elpissa

Author:elpissa
エルピスSAサッカースクール
http://elpissa.com/ 

東温ランニングクラブ
https://toonrunning.com/